ホーム

代表者挨拶

私は、建築大工の父と畜産業の母より二男一女の長男として、昭和29年3月に宮崎県都城市で生まれました。
宮崎市の宮崎実業高校(現 日章学園)から西日本工業大学建築学科を昭和52年に卒業し、門司区の建設会社に就職後、現場監理者として学び、昭和55年26才で一級建築士試験に合格しました。

 

平成元年にある縁にて大木建設株式会社に転職しました。
大木建設では23年余りに渡り、施工監理及び現場営業職を経験し、同社九州支店長を経て、平成23年4月に退社し、土木・建設のコンサルティングをやりながら、土木では再生エネルギー事業、宅地開発事業のコンサル、建設では福祉施設、マンション建設、工場建設、店舗設計施工などを手掛けてまいりました。
その間、数社のゼネコン様と業務委託契約を結び、永年に渡り建設業に携わりましたが、色々な方々との出会いや縁を感じ、昨年4月に株式会社北都建設を立ち上げることが出来ました。

 

これからも皆様に感謝しつつ、出会いや縁を大切に、持ち前の笑顔と故郷の都城を忘れず、北九州地域経済の発展に尽くし、邁進して行きたいと思います。

代表取締役 大迫 幸夫